古着選びでこだわるポイント
古着選びでこだわるポイント

古着は、東京に出た時とかによく物色致します

古着は、東京に出た時とかによく物色致します。あまりこだわりがあるわけでもなく、基本は自分のサイズに合っているかとか、色合い程度なんですが、大体はジーパンに絞って物色しています。
古着のジーパン選びで言いますと、一応こだわるのは生地とブランドです。
日本で名の通ったようなメーカーの物であるかどうかが、ポイントの一つです。
私の場合、穿き方に問題があるのか、或いは姿勢や体格の問題なのか、何度か洗濯する内に一年程度で膝の部分から破けてしまう事が多いんです。
中には、そういった破けもファッションの一つと捉えてカッコよく着こなしている人達もいますが、私の場合どうしてもカッコよくは映らず、どちらかと言えば見窄らしい印象しか人様に与えない様になってる感じです。
なので、古着では特に、膝部分が擦り切れたりしていないかどうかは入念にチェックしています。
後、最大のポイントは価格にあります。新品に近い感じの古ジーパンで1000円を切るかどうかが、購入するかどうかのポイントになっています。2000円近くになってしまったら、ちょっとブランドを落としても新品で買った方が得かなって心理が自動的に発動します。