古着選びでこだわるポイント
古着選びでこだわるポイント

古着と言ってもヴィンテージなら、私にはこだわりありません

古着と言ってもヴィンテージなら、私にはこだわりありません。むしろ歴史と伝統を感じていい感じだと思います。
しかし、近くに古着屋というものは滅多にありません。
そこで、信頼のできるネットショップでの取り寄せという形になります。古着という品物の性格上、返品不可ということが多いので、ある意味ギャンブル的な買い物になりますが、滅多に出ない品物を手に入れた時には、何にも替えがたい喜びを感じます。
もう一つ、私が古着選びでこだわるポイントとしては、希少性とデザインです。
例えば1970年代のジーンズなんて、穿いている人は今滅多にいないと思います。ネットでは、写真、サイズ、状態など基本的な情報しか載っていないので、その情報を頼りに購入しますが、店長に電話で連絡を取り、話を聴いて納得できる物を手に入れるようにしてからは、ほとんどハズレはなくなりました。

最近は、リメイク古着の分野も私の好みになりました。
古い中にも新しいものをちょっと取り入れるのが、最近の私の古着選びのこだわりです。